忍者ブログ
< 11月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 01月 >
Home >  > [PR]Home > 芸能 > ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その②

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 2017年12月18日
▲page top

ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その②

矢部の100キロマラソンのゴール直前。岡村が合流し、二人でゴールに向かうというシーン。そこで、中居は二人がともに走るカットの中に実況の佐野アナが映りこんでいるのを見つけ、何度も「佐野、画に入るな!」と叫んでいた。コレに関して一部では「佐野アナが可愛そう」などの批判の対象になっていたようだし、中居が来る前には矢部も「結構熱くなってたからマジな感じで」言っていたと*1振り返っていた*2。




中居: みんな解釈おかしいんだよ。
佐野がずっと走ってたのよ、(ナイナイの)横を。俺はそれが可笑しくて。みんなに佐野の可笑しさに気付いて欲しかったの。佐野の面白さに。何かさ、(電波用の)ショルダーバック持ってて、あれが可笑しくて、みんなさ、二人しか見てないのよ。「佐野ぉー、お前見きれるなぁ、どけぇー」って言ってたの。そしたら一回どいたのよ、で、また出てきたの。それが可笑しくて。
矢部: カットが変わるからどこかしらに写んねん。
中居: それが可笑しくて。笑ってはいけないんだけど、
矢部: 中居さん、でもその面白さはたぶん伝わらない(笑)。
中居: 佐野の呼吸とかも荒くて、(それで実況してて)それが可笑しくて。
テレビを知り尽くし、しかもそのテレビ的なモノを軽くバカにしているからこそ、全員の感情が昂っているあのシーンで、あのツッコミが出てきたのであろう。番組を俯瞰して見ていなければ絶対にできないし、あの空気の中やってしまう強心臓っぷり。ちょっとやそっとでは感情を揺らさずコントロールし続けるスゴさが如実に出ている。

岡村が「ホンマの総合司会はキクちゃん」と何度も助けられたその司会っぷりを絶賛する中、中居は再び「俺はやっぱ一番評価して欲しいのは佐野の走り」と笑う。
中居: 終わったあとに佐野に「入り込んでるの面白かったなぁ」って言ったら「ずっと言ってたじゃないですか、『映ってるぞ』って。何回も避けてたんですけどはいちゃうんですよね」「もっと入ったほうがいいよ!」って。あんだけ二人が涙、涙で走ってるのに後ろででっけえショルダーバックしょって(笑)。





つづく。
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その①
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その②
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その③
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その④
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その⑤

拍手[5回]

PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top