忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >
Home >  > [PR]Home > 芸能 > 好きなお笑い芸人、ダウンタウンが貫禄の首位

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 2017年06月29日
▲page top

好きなお笑い芸人、ダウンタウンが貫禄の首位

ダウンタウンの地位はほんとに揺るがないですね。



ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)放送800回突破記念DVD 永久保存版9(話)笑神降臨伝!傑作トーク集!!




ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)通算300万枚突破記念DVD 永久保存版 15(罰)絶対に笑ってはいけない新聞社24時


お笑いブームが続くなか、今年も“謎かけ”漫才をはじめ、さまざまなお笑い芸人が台頭し、さまざまな形で露出してきた。
そこでORICON STYLEでは10代、20代の男女を対象に『第3回最も好きなお笑い芸人』を調査。
その結果、男性芸人の1位には、長年お笑い界のトップを走り続けてきた【ダウンタウン】が選ばれた。
「面白いし今のお笑い界は彼らがいないとつまらない」(福岡県/10代/男性)と、
今年6月、突然の松本人志の休養は世間に大きなインパクトを与え、復帰後に人気が再加熱。
世間から注目されてきた若手芸人たちを抑え、改めてその実力が支持された。

同様に5位には【ナインティナイン】もランクインし、いずれも充電期間がより一層その才能を求める声に繋がった。
また女性芸人では【柳原可奈子】が選ばれV2達成となった。



ナインティナインのオールナイトニッ本


すでに芸歴28年を迎え、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)など数々のヒット番組を世に送り出してきたダウンタウン。
1980年代後半から頭角を現し、世間から“天才”と讃えられてきたボケ・松本人志と、芸人だけでなく大御所タレント、
俳優らを相手に怒涛のツッコミで世間の常識を翻してきた相方・浜田雅功の2人だが、すでに2人も40代に突入。
同ランキングのような若年層中心のランキングのトップに躍り出るのは意外だが、「毎回年末はメッチャ笑わせてもらうし、
こんなに笑わせてくれる芸人はおらん」(大阪府/20代/女性)と、“絶対に笑えるコンビ”として他を圧倒。存在感を知らしめた。

次いでが2位に、こちらもすでに芸歴22年のベテランコンビ【さまぁ~ず】が続いた。
「すべてにおいてセンスが抜群。面白くないわけがない」(北海道 /20代/女性)と安定感で幅広いファン層を獲得。
また5位には【ナインティナイン】もランクインしており、こちらは、休養中の岡村隆史の復帰を待ち望む「岡村が大好きだから。
岡村の番組で笑わない日はない」(兵庫県/20代/女性)といったファンの声が多数。
若手芸人が連日テレビで奮闘するなかで“やっぱりあの2人のお笑いを見ていたい!”と切望する声が集中した。


ダウンタウンもナインティナインも好きなので、納得のランキングですが、

意外だったのが、さまぁ~ずの2位。



モヤモヤさまぁ~ず2 VOL.6 ゴールデン常磐線SP&シンガポール




内村プロデュース~俺チョイス 三村マサカズ~俺チョイス


確かに深夜番組も含めてレギュラーを数えてみると、めっちゃレギュラーもってる。

テレビ局もしっかりリサーチした上で、番組づくりをしているのでしょうね。


これまた意外だったのが、ジャルジャルなどの若手芸人の不人気。

はんにゃが不人気なのは納得ですが、ジャルジャルは残念。

せっかくめちゃイケのレギュラーが決まったのに。


記事:『めちゃイケ』の新メンバーオーディション 福岡出身が大健闘



拍手[5回]

PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top