忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >
Home >  > [PR]Home > 芸能 > 病気療養から一転 ロケに邁進する岡村に漂い始めた大物感②

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 2017年06月29日
▲page top

病気療養から一転 ロケに邁進する岡村に漂い始めた大物感②

 今月4日にフジテレビが満を持して放送を開始した『サタデーナイトライブJPN』(フジテレビ系)の第1回ホストに抜てきされた岡村。前出の関係者が指摘するように、番組冒頭のフリートークではメインMCの明石家さんまと昨年のリタイア劇をギャグにして会場を沸かせていた。




「月1放送という変則的な番組ではありますが、明石家さんまと今田耕司をメインに迎えた『サタデーナイトライブJPN』は今後フジテレビが局の看板にと考えている番組なのではないでしょうか。吉本と全面的にタッグを組んだこの番組は、今春から同時間帯で第2シーズンの放送を始めた『ピカルの定理』が平均視聴率6%前後と、なかなか数字を稼げていないことへのテコ入れという面もあるでしょうが、さんま・今田という布陣はそれぞれにゴールデンの番組を持てるほどの強力コンビですからね。バランスも良く、今の芸能界でこれ以上の最強コンビを探すのは難しいと言えます」(バラエティー番組放送作家)

 さらにこの放送作家は、『サタデーナイトライブ』の初回ホストに抜てきされた岡村には最近大物の風格が漂ってきたと指摘する。




「番組プロデューサーの明松氏が番組PRで語っているように、視聴者の皆さんも岡村を中堅芸人と考えている人は多いでしょう。実際、大御所と呼ばれる芸人はほかにも多くいますしね。岡村を大御所と呼ぶには早いかもしれません。ですがこの番組に呼ばれたことによって、中堅とはいえ、そのトップであることが実証されたと言えます。同世代には雨上がり決死隊などがいますが、やはり宮迫より岡村の方が大物感というのが漂っています。視聴者もそれは感じているのではないでしょうか。もちろんその理由は長年『めちゃ×2イケてるッ!!』(フジテレビ系)という番組をやってきた実績なのでしょうけど、昨年の長期療養が、結果として彼の大物感をより際立たせたように思います。吉本興業のホームページでは芸人を検索できるのですが、大御所と呼ばれるようなタレントの名前には色が付いています。その中で一番の若手がダウンタウンという現状も、いずれ変わるのではないでしょうか。もちろんナインティナインの名前に色が付くのだと思います」(前出)





記事:病気療養から一転 ロケに邁進する岡村に漂い始めた大物感①
記事:病気療養から一転 ロケに邁進する岡村に漂い始めた大物感②
記事:病気療養から一転 ロケに邁進する岡村に漂い始めた大物感③

拍手[6回]

PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top