忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >

PR

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 2017年06月25日
▲page top

ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その④

『すぽると』パートでの「太一、大丈夫?」と視聴者には分かりにくい上に、しつこかった中居のボケツッコミを思い出したかのように批判する岡村。

岡村はその流れで「知ってるか? 『すぽると』のところ大事件になってるの?」とあの3on3コントの話題を振る。「え?知らない、何?」と中居。

『すぽると』のコーナーで「3on3合コン」という体で、岡村、中居、福徳と美女アスリートが3on3のバスケで対戦する企画があった。しかしここで岡村が途中から福徳のほか『めちゃイケ』メンバーからボールをぶつけられるという展開になった。ネット等では「イジメじゃないか」と“大炎上”し、特にジャルジャル福徳への批判の声は目も当てられないほどヒドいものだった。





これに対し番組冒頭で岡村は「今、たぶん福徳が一番かわいそうな状態に陥ってる」「恐れていたことが起きた。卓上の27時間テレビが出てしまった」「コントをやりたかった。でも生放送で時間がない。巻きが出る。ディレクターはディレクターで『岡村にボールをぶつけなければ』ということに頭がいってしまっていて、フリが浅かった」「福徳は福徳で自分が筆頭になって仕掛けていかなくちゃあかんかった」「あそこは『すぽると』ではなく『めちゃイケ』のディレクションですから、心から恥じる」「いじめちゃう。視聴者ってもっと頭いいと思ってた」「ちょっとコントに失敗しただけ」「俺も悪い。『これ、なんなん?』って言ってもうたから」*3などと振り返っていた。





岡村: その時も中居だけが言うてたやん、福徳に。「もうちょっと軽くポーンと当てなきゃ」って。
中居: そう。一発目は軽くポーンってやってから、徐々にブワーってやってかなきゃいけないのに、あいつ一発目から力入って。CM中に「一発目からやっても意味わかんねえから」って(言ったの)。
矢部: アイドルが(笑)。アイドルが芸人さんに(笑)。
岡村: でも、出るのよ、カンペで。
中居: 分かるんだけど。あの子も悪くないんだけどね。
岡村: 悪くないよ!
中居: 一発目だから、ちょっと外し掛けだから。ポーンと当たって「どないや?」って後ろ向いたら、後ろからポーンってじょじょにやればいいのに、あいついきなりやるから、「お前さ、一発目強いから、意味が分かんなくなっちゃうから、弱めにやれ」って。
岡村: 福徳は福徳ではっぱかけられてんねんって。一発目頼むぞ、と。お前が火付け役やから頼むぞって言われてからの気合入ってのアレやったから。

続く。
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その①
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その②
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その③
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その④
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その⑤

拍手[4回]

PR
▲page top

ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その③

『アカン警察』パートでは、『27時間テレビ』決起集会として岡村が発起人となって中居や矢部も参加した飲み会の隠し撮り映像が放送された。これは中居らが機転を利かせて急遽撮影したものだった。




それに対し、岡村が「ありがとうな。可愛かったって評判ええのよ」と言うと、ここでも冷静な中居は「『可愛かった』『評判が良かった』っていう理解(の仕方)が間違ってるんじゃない?」と返す。
岡村: 俺も『アカン警察』で使うと思ってないからさ。
中居: 俺も何で使うか分からなかったけど、なんか面白いことになってるから。矢部っちも来てるでしょ。
岡村: 『めちゃイケ』の(スタッフの)ブースカがカメラ買ってきたほうがいいんじゃないってなってカメラ買ってきて回してたみたいやから。面白かったなぁ。
中居: 覚えてないでしょ?
岡村: 酔っ払ってるなぁって(いうのは分かった)。すごい気持よく酔っ払ってるなぁって。
矢部: オモチャやもんな、電池の入ってるオモチャみたいな動きやもん。
岡村: 俺もこんなに動くんやって思ったもん。
中居: 楽しそうだったよ。
岡村: 楽しかった。決起集会やからね、『27時間』の。
中居: でも、それを見てる矢部っちも楽しそうだったよ(笑)。
矢部: お前はそんなん好きやな。コンビ間のイジり。
中居: 違う違う(笑)。
岡村: 俺ら一生懸命やってるのに全然反応してないみたいやったやん。
中居: 見てたよ、で、なんか楽しいんだろうなぁって。それを見てるのは俺も楽しいんだけど、パッと矢部っち見たら、それを微笑ましくタバコ吸いながら見てる矢部っちが、ああ、矢部っちも楽しいんだなぁって。あぁ、ナインティナインってお互い好きなんだなぁって……。気持ち悪ぃって(笑)。





続く。
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その①
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その②
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その③
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その④
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その⑤

拍手[4回]

▲page top

ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その②

矢部の100キロマラソンのゴール直前。岡村が合流し、二人でゴールに向かうというシーン。そこで、中居は二人がともに走るカットの中に実況の佐野アナが映りこんでいるのを見つけ、何度も「佐野、画に入るな!」と叫んでいた。コレに関して一部では「佐野アナが可愛そう」などの批判の対象になっていたようだし、中居が来る前には矢部も「結構熱くなってたからマジな感じで」言っていたと*1振り返っていた*2。




中居: みんな解釈おかしいんだよ。
佐野がずっと走ってたのよ、(ナイナイの)横を。俺はそれが可笑しくて。みんなに佐野の可笑しさに気付いて欲しかったの。佐野の面白さに。何かさ、(電波用の)ショルダーバック持ってて、あれが可笑しくて、みんなさ、二人しか見てないのよ。「佐野ぉー、お前見きれるなぁ、どけぇー」って言ってたの。そしたら一回どいたのよ、で、また出てきたの。それが可笑しくて。
矢部: カットが変わるからどこかしらに写んねん。
中居: それが可笑しくて。笑ってはいけないんだけど、
矢部: 中居さん、でもその面白さはたぶん伝わらない(笑)。
中居: 佐野の呼吸とかも荒くて、(それで実況してて)それが可笑しくて。
テレビを知り尽くし、しかもそのテレビ的なモノを軽くバカにしているからこそ、全員の感情が昂っているあのシーンで、あのツッコミが出てきたのであろう。番組を俯瞰して見ていなければ絶対にできないし、あの空気の中やってしまう強心臓っぷり。ちょっとやそっとでは感情を揺らさずコントロールし続けるスゴさが如実に出ている。

岡村が「ホンマの総合司会はキクちゃん」と何度も助けられたその司会っぷりを絶賛する中、中居は再び「俺はやっぱ一番評価して欲しいのは佐野の走り」と笑う。
中居: 終わったあとに佐野に「入り込んでるの面白かったなぁ」って言ったら「ずっと言ってたじゃないですか、『映ってるぞ』って。何回も避けてたんですけどはいちゃうんですよね」「もっと入ったほうがいいよ!」って。あんだけ二人が涙、涙で走ってるのに後ろででっけえショルダーバックしょって(笑)。





つづく。
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その①
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その②
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その③
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その④
記事:ナイナイ岡村とスマップ中居の関係。その⑤

拍手[5回]

▲page top

視聴率低迷で"帝王"ダウンタウンに訪れた斜陽の時

ダウンタウンの視聴率低迷がテレビ業界で話題になっている。

「現在、ダウンタウンのレギュラー番組は「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『ダウンタウンDX』(共に日本テレビ系)、『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)など5本ですが、ほとんどの視聴率が10%を切っているんです。それだけでなく、松本人志の『人志松本の○○な話』(フジテレビ系)も10%以下です。何しろ『数字が取れない』と関係者も頭を抱える状況」(某テレビ関係者)




 
 確かに、ここ数年ささやかれてきたことだが、4月から始まった『爆笑 大日本アカン警察』(フジテレビ系)に至っては同時間帯の最下位を記録、裏番組の『クイズ☆タレント名鑑』(TBS系)に抜かれるにあたり、本格的世代交代、転換期との見方も大きいのだ。

「『週刊文春』(文藝春秋)のゴールデンウイーク特大号にも、ダウンタウンの興味深い記事が掲載されました。『テレビの支配者・松本人志&浜田雅功「ポスト・ダウンタウン」を語る』というインタビューですが、映画や番宣などのインタビューではなく週刊誌媒体からの、しかも『ポスト・ダウンタウン』というテーマで彼らが取材を受けるのは極めて珍しい。そのため、『何かスキャンダルのバーターでは』などとウワサされたほど。しかし、実際はバーターでも何でもなく、取材がOKになったと聞いています。取材時間はほんの短時間だったようですが、これも自身が『ポスト・ダウンタウン』を余裕で語る姿勢を見せることで、逆に彼らの影響力を堅持しようとしたかにも見える」(お笑いに詳しい芸能関係者)





 それ以外でも、これまでだったら引き受けなかったような小さな仕事も"拾っていく"という傾向にあり、松本に至っては子どもの話を積極的にするなどの視聴者への"松本らしからぬサービス"も顕著になっているという。

 さらに6月5日には『大日本アカン警察』の2時間特番の放映が予定されているが、そこにナインティナインが出演することが発表され、そのことも関係者を驚かせた。

「かつてナイナイの岡村隆史がラジオで松本人志を揶揄する発言をしたことで、松本が激怒。ナイナイを遠ざけた。彼らの確執はマスメディアでも取り上げられたほど有名です。それが14年ぶりに共演するというのですからね」(同関係者)





 それほどまで数字の取れないダウンタウンが危機感を抱き、そのことが逆説的に世代交代が迫っている証拠を示している、というのが業界関係者の一致した意見だというが......。

拍手[4回]

▲page top

うつ病説根強いナイナイ岡村隆史 芸能人と心の病の関係

 体調不良で無期限の休養を発表したナインティナインの岡村隆史(40)。所属先の吉本興業が、なぜか岡村の病名を発表しないため、さまざまな憶測が飛び交っている。





 そんな中、先輩の明石家さんまがラジオ番組で「精神的なストレスがあるようだから、俺みたいな陽気な人間が電話するのが一番アカン」と、岡村の症状について発言したことから、うつ病説が浮上。あるテレビ局関係者も「最近は以前のような気力が無く、周囲は『うつ病ではないか』と心配していた」と語り、精神的な病が休養の原因ではないかとの見方が強まっている。





 明るいキャラクターで知られる所ジョージも、原因不明の体調不良によって、番組収録の延期やキャンセルが続いており、大好きな車の運転すら出来ない状態だという。こちらも、単なる疲労にしては体調不良が長引いていることから、精神的な問題ではないかとささやかれ始めている。





 厚生労働省の統計によると、うつ病患者数は全国で100万人を超えており、この10年で2.4倍に増えた。この傾向は芸能界にも当てはまるようで、心を病む芸能人が増加しているようだ。

 2005年に自殺したポール牧は、死の前年、うつ病と診断され通院していた。芸能一家として知られる高島家の父・高島忠夫も、98年に重度のうつ病を患い、10年以上も闘病を続けている。ほかにも、木の実ナナ、萩原流行、音無美紀子、千葉麗子らが、うつ病体験をメディアで告白している。

 うつ病だけでなく、強い不安感や動悸に突然襲われる「パニック障害」に苦しむ芸能人も多い。18歳の頃からパニック生涯を抱え、闘病していることを公表しているKinki Kidsの堂本剛をはじめ、今月20日に急性すい炎で緊急入院した中川家の兄・剛、選手時代に偉大すぎる父親の存在に悩んだ長嶋一茂、治療を兼ねて栃木県・那須塩原に移住した高木美保などが、パニック障害になったことを明かしている。





 また、3代目"なっちゃん"こと星井七瀬が自身のブログ(現在は閉鎖)で「最近はね、ちょっと体調が悪いの。風邪じゃなくて心の病気」と告白。人気アイドルグループ・アイドリング!!!7号の谷澤恵里香が、フジテレビが運営するミニブログサービス「イマつぶ」に「世界の全てが闇に見える この気持ちはそうだあれだ 鬱なんでしょう」と記すなど(件の投稿はすぐに削除された)、女性アイドルたちの間にも"病み"が侵攻しつつある。





 さらに、小室哲哉との破局後に、向精神薬の中毒状態となって病院の廊下を全裸で疾走したと報じられた華原朋美、グラドル時代からは想像もできない激太りと過激発言で異常さを感じさせた小阪由佳ら、病気を公表していなくとも、傍目からは精神のバランスを崩しているように見えるタレントも少なくない。

「最近の芸能界は移り変わりが激しいですから、事務所は商機を逃さないように、人気があるタレントのスケジュールは目一杯に詰め込む。タレントから休ませてほしいと強い要望が出たころには、もう限界ということもままあります。さんま、紳助クラスになれば、事務所に要望を通すこともできるのでしょうが、中堅以下は、なかなか言い出せない。特に心の病気の場合は、傍目には分かりづらいですから、事務所側も深刻な状態になるまでタレントを働かせてしまうのでしょう。また、女性タレントの場合は、恋愛に事務所が介入したり『脱ぐ・脱がない』で揉めたりということがありますから、それも大きなストレスになる」(芸能関係者)

 生き馬の目を抜く芸能界を渡っていくためには、ライバルに負けないように、がむしゃらに働くことは大事だろう。だが、心の病気は周囲が気付いた頃には手遅れということもある。タレントの細かな変化や要望に、事務所側が柔軟に対応できるようになればいいのだが、この不況下、そこまでやれる事務所は皆無に近い。一見華やかな芸能界だが、そこに留まりたいがために、倒れたり精神的に壊れたりするまで働くというのは、実に因果な世界である。

拍手[4回]

▲page top

ダウンタウンとナイナイが14年ぶり共演!

20日、お笑いコンビ「ダウンタウン」が司会を務めるバラエティー番組「爆笑!大日本アカン警察」(フジテレビ系)に、ナインティナインが出演していた事が明らかとなった。共演した模様は6月5日、特番2時間スペシャルにて放送される予定。





「ダウンタウン」と「ナインティナイン」は大きな人気と支持を得ているお笑いコンビ。芸能界での生活も長い両者だが、2組の共演は14年ぶりとなる。尚、ダウンタウンの浜田とナインティナインの岡村はこれまでも何度か共演の機会があった。





同特番には他、アイドルグループ「KAT-TUN」の田中聖やお笑い芸人尾板尾創路さんらが刑事として出演。AKB刑事(篠田麻里子、小嶋陽菜、峯岸みなみ)が司会を務める「もしいたら即タイホ今週のWANTED」コーナーもある。放送は午後7時から。

拍手[3回]

▲page top

スザンヌのパンチラ(黒)ゲット!

スザンヌさんのパンチラゲット!!この日も個人的に日テレの近くにいたので、生放送終了にあわせて日テレ公開スタジオの近くに行ったら、放送を終えたスザンヌさんと握手できました!雪が降っていたのに、笑顔で皆さんと握手するスザンヌさんはいい人だと思います。そんなスザンヌさんが黒のパンティを履いていたなんて・・・



【イ●まくり(*´Д`)ハァハァ】久保田あさみ/久保田あさみプレミアム2(2011/4/8発売)



スザンヌパンチラ画像




【問題作第2弾!】深山あすか/あすかワールド 【新品】(2010年7月23日発売)

拍手[4回]

▲page top

あの人に事務所移籍の相談? 上原美優が抱えていた恋愛以外の悩み

「大家族貧乏アイドル」としてグラビアやバラエティーを中心に活動していたタレントの上原美優が12日未明、東京・目黒区の自宅マンションで首をつっているのが見つかり、都内の病院に搬送されたが死亡が確認された。遺書は見つかっていないが、解読不可能な殴り書きのメモがあったため、警視庁目黒署などは自殺の可能性が高いとみている。



AKB48 エーケービー / 《HMVオリジナル特典: 生写真付》 Everyday、カチューシャ 【通常盤: 投票券封入Type-A】 【CD Maxi】


「上原さんは11日が終日オフで、交際していた2歳年上のアパレルメーカー勤務の男性と過ごしています。深夜になって突然その男性に『一回、一人になりたい』と告げ、男性が2時間ほど部屋を空けたスキに自殺を図ったとみられる。10日付のブログでは、『リアルに私、恋愛が出来ない』などと恋愛の悩みをつづっていたが、その男性は上原さんのよりどころになっていただけに、恋愛のもつれで自殺したとは考えにくい」(スポーツ紙デスク)



AKB48 エーケービー / 《HMVオリジナル特典: 生写真付》 Everyday、カチューシャ 【通常盤 投票券封入Type-B】 【CD Maxi】


 上原は鹿児島県・種子島に4男6女の10人兄弟の末っ子として生まれ、鹿児島市内の高校を中退し17歳で上京。2006年にレースクイーンとして芸能界デビューし、08年10月からTBS系『サンデージャポン』にコメンテーターとして出演、幼いころの"貧乏ネタ"などを明かしたのがウケてブレイク。09年発表の自叙伝『10人兄弟貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?』(ポプラ社刊)では、上京後にキャバクラで働いたこと、失恋が引き金で自殺未遂したこと、暴走族にいた過去、レイプ被害に遭った過去までをも告白。同書が話題になってさらに注目を浴びたが、そのころから周囲に盛んに悩みを打ち明けるようになっていたというのだ。



[初回限定盤 ] フレンチキス (AKB48) / カッコ悪い I love You! 【初回生産限定A 封入特典アリ】 【CD Maxi】


「感受性が強くて周囲に影響されるし、かなりネガティブ思考だったので、悩んでは周囲に励まされまた落ち込むことを繰り返していた。07年のクリスマスには恋人にフラれた寂しさから睡眠薬自殺を図ったものの、一命を取り留めたこともあった。自叙伝を出したころも仕事が順調かと思いきや、『いくら働いても、(月給が)15万から上がらない』と嘆いていた。どうやら固定給だったようで、値上げ交渉もかなわず、本気で移籍先を探していた。そこで相談したのが、姉のように慕っていた眞鍋かをり。眞鍋の事務所への移籍も考えていたようだが......」(芸能プロ関係者)



6/22発売 AKB48の中心メンバー、前田敦子ソロデビュー 共通特典生写真付き【CD】前田敦子/Flower [ACT.1~3]セット  (DVD付)


 その眞鍋は12日放送のフジテレビ系情報番組『とくダネ!』へ生出演する放送直前に上原が亡くなったことを知り、番組が始まると号泣。「(上原さんから)『ちょっと話したいんで、飲みたいです』というメールが1カ月ぐらい前に来ていたんですけど......。ちょっと、タイミングが合わなくって......、会えなかった。ゴメンね......」と声を詰まらせた。その彼女自身も所属事務所「アヴィラ」に専属契約解除を求め提訴したが、アヴィラから「仕事に穴をあけた」などと億単位の損害賠償請求を求めて反訴されてしまっている。さらに、同じく事務所からの移籍を画策した眞鍋の後輩・小倉優子も事務所との訴訟ざたになってしまっただけに、上原が眞鍋の事務所に移籍しなかったのはある意味正解だった。

 上原は自宅近くのパチンコ店で交際相手と思われる男性とデートする姿がたびたび目撃され、「このところ仕事も減っていたので、もっぱらパチンコで生活費を稼いでいたのでは?」(夕刊紙記者)とも言われていた。

 今年4月に夕刊紙に掲載されたインタビューで上原は、「今の私の夢。それは、種子島に大きな大きな家を建てることです」と語っていたが、なかなかその夢がかなうような状況ではなかったようだ。



★5,250円以上で送料無料★薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー[脂性肌用]

拍手[4回]

▲page top

AKB大島・小嶋 ヘソ出し姿公開、悩殺される人続出

AKB48の大島優子(22)がブログで、小嶋陽菜(23)と2人でへそを出した写真を公開している。



大島優子(AKB48) 2011カレンダー 【激安宣言!25%OFF♪】


 大島によると、写真は5月25日に発売のシングル『Everyday、カチューシャ』のジャケットやミュージックビデオなどの撮影のため、グアムに訪れた時のものだという。

 南国の青空をバックに、2人とも短パンにスニーカー、へそ出しルック。コメント欄には「優子&こじはるかわゆ」「やべぇ~2人ともセクシーでかわいい!」と2人に悩殺された人が相次いでいる。



生写真(AKB48・SKE48)/アイドル/AKB48/アイドル生ブロマイド 131 : 大島優子

拍手[4回]

▲page top

あのタレントも元キャバ嬢!? 芸能界と水商売の関係

落ち目タレントが水商売に転身することは昔から多いが、最近は水商売上がりのタレントも増えているようだ。有名どころでは、東京・六本木の人気キャバ嬢だったと言われる井上和香(30)。源氏名「アリサ」として店のチラシに登場していた過去が暴露され、話題になったことを覚えている人も多いだろう。それだけでなく、元ホステスや元キャバ嬢の経歴を持つタレントは意外なほど多い。



井上和香 和香白書


「女優の国分佐智子(34)は、大阪でキャバ嬢をしている時にスカウトされたことで有名。元モーニング娘。の中澤裕子(37)は、デビュー前はOLとホステスの二足のわらじだったと本人も認めている。いずれも短期間ではありますが、釈由美子(32)や細川ふみえ(39)、華原朋美(36)などにも水商売の過去があると言われてますね」(芸能関係者)





 このほかにも、大物歌姫A・Hは「歌舞伎町のキャバクラに在籍していた」(水商売関係者)と言われ、女優としても活躍する人気歌手のM・Nにもキャバ嬢の過去があるとささやかれており、人気アイドルグループの中心メンバーM・Sが福岡・中洲のキャバ嬢だったことも業界では有名だ。





 キャバ嬢だった過去は、芸能活動においてマイナスイメージとなるためか、ほとんどのタレントは過去に触れようとしない。過去が暴かれれば、タレントだけでなく芸能事務所にとっても痛手となりかねないが、なぜキャバ嬢からの転身組が後を絶たないのか。

「事務所関係者やプロデューサーなどが飲みにいった先でスカウトするパターンが多いため、キャバ嬢からの転身が多いのでしょうね。キャバクラからのスカウトをやめた事務所もありますが、いまだにそのパターンはなくならない。有名な人気歌手も、キャバ嬢時代に業界人の客とカラオケに行った時に『歌が上手いね』と声を掛けられたことが、デビューのきっかけだったと言われてます。また、以前は水商売に暗いイメージがありましたが、最近はテレビやマンガの影響でキャバ嬢に脚光が当たり、将来はキャバ嬢になりたいと言う女子高生もいるほど。有名になりたい、チヤホヤされたいという意識の強い女性がキャバ業界に増えたため、芸能界入りにも意欲的なのでしょう」(前出)

 キャバ嬢からタレントにスカウトされるパターンは多いようだが、驚くことにタレントがキャバ嬢やホステスを兼業しているケースもあるという。

「芸能事務所の社長がキャバクラ経営を手掛けていて、その店で自社の売れないタレントを働かせたり、知人の店にホステスとして紹介してマージンを得たりということがあります。いまや芸能界も不況で、事務所に所属していても全く仕事のないグラドルは珍しくありませんから、本人のためにも事務所のためにも水商売で稼がせるのでしょう。その場合は、急に芸能の仕事が入っても対応できるように、遅刻や欠勤に厳しいキャバクラよりも、勤務が比較的自由になるクラブでホステスとして働くことが多いようです。ある事務所の社長と懇意なクラブは、ホステス全員がグラドルという状態でしたが、芸名を聞かされても知らないような子ばかりでした。さすがに、一般にも顔や名前を知られているようなタレントは働かせないみたいですね」(水商売関係者)

 昔も今も水商売と芸能界は密接に絡み、互いに人材を供給し合っているようだ。あなたが通ってるキャバクラの人気嬢も、いずれ大スターになるのかも?

拍手[6回]

▲page top

▲page top